投稿

中国が米国債を売却し金に投資する戦略の背後

【PR】






















































【PR】
















本日は、中国がどのようにして大規模な米国債を売却し、代わりに金に投資しているのか、その戦略の背後にある動機と影響を深掘りしていきます。この動向は、世界経済において重要な変化を示唆しています。
最近の連邦準備制度のデータによると、中国は2021年には約1兆1000億ドルの米国債を保有していましたが、それが2022年2月には7750億ドルまで減少しました。これは、わずか1年間で3250億ドル以上の大量の米国債が市場に投げ出されたことを意味します。この動きは、中国が外国の米国債保有国であるランキングにおいて依然として第2位である一方で、この傾向が続けば英国が近いうちに中国を追い越す可能性があるということです。
なぜ中国はこんなにも急速に米国債を売却しているのでしょうか? その理由の一端を、金融政策や国際関係の観点から見ていきたいと思います。また、中国が金をどのようにして戦略的な資産として蓄積しているのかも掘り下げます。中国人民銀行は、2022年10月以降、16カ月連続で金の備蓄を増やしており、その総量は300トンを超えると報告されています。
【タイムテーブル】
00:00 イントロ
01:34 1.中国の米国債売却の歴史と現状
03:39 2.金投資への転換
05:21 3.米国との経済的な関係とその未来
07:48 アウトロ
免責事項
この動画は投資を奨励するものではなく、エンターテイメントとして考えることを目的としています。また、動画の内容・情報については、その正確性・完全性を保証するものではありません。貴金属を含む金融商品の取引は、損失を生じるリスクがありますので、すべての投資は自己責任で行う必要があります。投資に関連した損失やトラブルについて、当チャンネルは視聴者の皆様に対して一切の責任を負いません。
#金 #ゴールド#銀 #シルバー #gold #silver #投資 #金本位#備蓄 #マネー#インフレ#米ドル#価格操作