投稿

運転資金 総合ガイド

【PR】






















































【PR】
















ファクタリングとは

ファクタリングは、企業が売掛金(未回収の請求書)をサードパーティ(通常はファクタリング会社)に売却することで、即座に現金を得るビジネスプラクティスです。売掛金は通常、商品やサービスの提供後に顧客に請求されますが、顧客が支払期限までに支払わない場合や、資金が即座に必要な場合にファクタリングが利用されます。

ファクタリングのメカニズム

ファクタリングは、通常以下の手順に従います。

  • 企業が商品やサービスを提供し、顧客に請求書を送付します。
  • 請求書の支払期限までに顧客が支払わない場合、企業はファクタリング会社に請求書を売却します。
  • ファクタリング会社は請求書の額面の一部(通常は85%〜95%)を即座に企業に支払います。残額はファクタリング会社が請求書の支払いを待つ間保持します。
  • 顧客が請求書を支払った場合、ファクタリング会社は残額から手数料や利息を差し引いた金額を企業に支払います。

ファクタリングの種類

ファクタリングにはいくつかの異なる形態があります。

  • 非通知ファクタリング:顧客に対して、ファクタリング会社の介入を伝えずに請求書が売却されます。
  • 通知ファクタリング:顧客に対して、請求書がファクタリング会社に売却されたことが通知されます。
  • リソースファクタリング:ファクタリング会社が企業に対して、請求書の集計やクレジットチェック、回収を行うサービスを提供します。
  • リバースファクタリング:通常のファクタリングの逆で、企業が顧客から支払われる前に請求書を売却し、資金を得ます。

ファクタリングの利点

ファクタリングは企業にさまざまな利点をもたらします。

  • 即座に現金を得ることができます。
  • 資金繰りを改善し、事業拡大や運転資金の確保に役立ちます。
  • クレジットリスクを軽減し、売掛金の回収リスクをファクタリング会社に委託します。
  • 売掛金の管理や回収業務の負担を軽減します。

ファクタリングのデメリット

一方で、ファクタリングにはいくつかのデメリットもあります。

  • 手数料や利息などの費用が発生します。
  • 利用する場合には信用力や取引先の信頼性が影響します。
  • 通知ファクタリングの場合、顧客との関係に悪影響を及ぼす可能性があります。
  • 売掛金の一部を売却するため、受け取る金額が本来の売掛金よりも少なくなります。

ファクタリングの適用例

ファクタリングはさまざまな業種や状況で利用されます。

  • 中小企業や新興企業が資金調達を行う際に利用されます。
  • 季節的な需要の変動や長期の売掛金による資金繰りの調整に活用されます。
  • 海外取引や新規顧客への取引に伴うクレジットリスクを軽減するために利用されます。

ファクタリングの注意点

ファクタリングを利用する際には、以下の点に留意する必要があります。

  • 利用するファクタリング会社の信頼性や手数料、条件を慎重に検討する必要があります。
  • ファクタリングを継続的に利用する場合、費用対効果を評価し、事業の収益性に影響を与えないように注意する必要があります。
  • 通知ファクタリングを利用する場合、顧客との関係に悪影響を与えないようにコミュニケーションを行う必要があります。