投稿

【資金調達ガイド】まとめて解説!銀行融資の仕組みとは?

【PR】






















































【PR】
















★チャンネル登録お願いしますm(_ _)m

★資金調達の無料診断できます

銀行の経営は、預金という形でお客様からお金を預かり、その預金を他者に貸し付けることで収益を得ることにより成り立っています。貸付する際の金利と預金に係る金利との差額が銀行の収益です。

銀行融資は、消費者金融と比較すれば、低金利であることが利点です。

消費者金融を始めとするノンバンクは、銀行から借入したお金を貸し出します。その借入にかかるコスト(金利)を支払う必要がありますので、銀行と比較して金利が高めに設定されます。

銀行は他の機関を介することなく自ら資金を集められますので、資金を調達するコスト(金利)がないため比較的低金利で貸し出し可能となります。

続きはこちら⇒

銀行融資の審査は、消費者金融と比べれば厳しいと言えます。銀行は公的機関ではありませんので、自社の利益を最優先します。

そのため、審査の基準の1つは貸し倒れリスクです。 実際に融資先が返済不能の状態になった場合に備え、事前に担保や保証人を要求するケースがあります。

担保や保証人が不十分な場合や、信用性に欠けると判断された場合は、融資の審査に通らない可能性が高くなります。

銀行融資の審査を通過するためには、返済能力があることをしっかり理解してもらうことです。

また、事業計画書を入念に作成しておくとともに、面談に際して銀行員に好印象を植え付けておくことも重要です。

続きはこちら⇒